エンジニアに求められること 心構えがあれば男性でなくとも活躍できます

男女平等といえる状況

世の中の流れとして、さまざまなところで男女平等が広がってきています。これまでは社会進出が難しかった部分でも、女性が活躍することが可能となってきているのです。これまで、管理職などに関しては女だからと差別されてきました。しかし、そういった時代錯誤のものは終わり、今は能力重視となってきているのです。これは嬉しいもので、これまでは男性がメインだった一部の職種や業種に関しても、雇用における男女平等が広がってきています。
特に顕著なのが、IT関係です。それも、ネットワークエンジニアといったものといえます。これまで、ウェブデザイナーやプログラマといった職は、女性でも可能でした。しかし、エンジニア関係は男の仕事だと考えられていて、女性の進出を阻む傾向にあったのです。それが最近になって緩和されてきており、能力が確かであれば誰でもなれる職業になりました。これまでのように、性別で断られるといったことは少なくなってきています。
ただ、問題としては、女性が拒まれる原因が単なる性差別ではなく、安全性を考えてという一因があるようです。エンジニアの仕事は、トラブルに関して即座に動かなければなりません。そのため、深夜の作業が必要になることもあり、その際の安全面を考えると男性の方がいいと思われ拒否されていたという背景もあります。それゆえ、エンジニアという仕事をするからには、男性と同様の仕事内容や状況に納得する必要があります。そのようなことができてこそ、はじめて男女平等といえるようになるのです。
もっと詳しく▼http://women-itengineers.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です